Twitter → https://twitter.com/micci303

フリーリグシンカーに一工夫

フリーリグシンカーに一工夫

昨今、フリーリグが人気ですが、関東で使うことは少ないんですが、
琵琶湖では必ず使いますね。

ボトムの引っ掛かりが増えてオダや沈船など攻めるのにはとても有効。
当初はラインブレイクが多かったので、シンカーとフックの間にクッションゴムを入れてるけど、
シンカーの金属部分とラインが直接触れるのが嫌なので、
テキサスリグのバレットシンカー同様にパイプを付けます。

東邦の「硬質カラミ止」の1.0mmを用意します。
※硬質と軟質があるので注意

先端部分をターボライターで軽く炙ります。
炙った部分が外に広がり縁部分になります。
3mm程度のところでカットして、シンカーのリング部分に通す。
先程炙った部分と反対側を炙って完成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。