Twitter → https://twitter.com/micci303

My Favorite HARD Lure【2020】

2020年現在の溺愛ハードルアーを紹介します。

常吉 ベタ 琵琶湖スペック

今は亡き常吉の後期の名作。
ノーマルと琵琶湖スペックの2種がありますが、ノーマルはトップウォーター、
琵琶湖スペックは80cmほど潜ります。
ロールが強めで水押し強いです。
難点としてトップコートがワーム素材に反応して溶けてしまうので、保管には気を使います。

ところで、最近、常吉のホームページが更新されましたが、
どうやら、オーナーから村上さんに常吉の金型を譲渡する意向とのことです。
http://www.tsunekichi.co.jp/
しかし、村上さんが拒否するんではないかな!?
常吉辞めた時に相当額の借金を押し付けられたと聞きましたし(村上さんにごく近い身内の方に聞いた。具体的な金額も聞きましたがここでは書けません)
恨みは根深いと思われます。

ナイロン16〜20ポンド、ノーマルギアリールで使います。

常吉 ハマミノー109

常吉のハマミノーです。
86mmと109mmがありますが、86は他でも代用できますが、109は他では代用できない名作です。

まず、109mmサイズで2フック。2フックミノーは美しい。
タダ巻き、ジャーク、何でも来い!!
飛距離も完璧。

ナイロン14〜16ポンド、ハイギアリールで使います。

ヘドン ビッグバド

ヘドンのビッグバド。
ボーン素材のモデルが好きです。
これはノンラトルでかなりの高浮力ですがリップが大きいので、トップで使うのも良いですが、
ティップを水面近くにして早巻きすると30cmほど潜ります。
潜らないものを無理やり潜らせるアンバランスさがGOOD!!
飛距離は全く出ません。

デプス コリガンマグナム

水深別に3タイプあります。
最近はクランクは、ほぼコレだけです。
マグナムと言いますが、普通サイズです。

デプス カスカベル & キックバッカー

ディープクランクはこの2種だけ。
カスカベルは4m、キックバッカーは3mダイバー
造形、カラーリングの美しさはさすがです。

エバーグリーン プロップマジック

サイズが2種ありますが、どちらもスピニングPEで使います。
何が良いって、釣れるのに人気無くて安く買える。
オリジナルのフックが優秀で、そのまま使える。

デプス パルスコッド

フックを前後共にフェザー仕様にしています。
POPXの様な縦浮き姿勢ではなく水平に近い姿勢です。

ボーマー ロングA

大きめのロールでのんびり動く感じです。
動きすぎない不安定さが良い。
飛距離は全く期待できない。

ダイワ Dスプーン

すでに廃盤ですが、よく使うのは3/4oz
アイにスイベル、フックは自作のアシストフックの2本仕様。

後継にスティーズスプーンというのが出ていますが、動きは全くの別物。
タダ巻きでは全く動きません、リフト&フォールで使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。